煩わしい顧客管理はPOSに任せよう|手間要らずの優れもの

整骨院を開くまでの流れ

男性

業界団体の支援を受ける

整骨院を開業するためには、まずは柔道整復師の資格を取る必要があります。柔道整復師の資格は高校または大学卒業後に専門学校に入り修了するか、柔道整復師の学科がある大学を卒業する必要があります。これによって国家資格である柔道整復師試験の受験資格を得ることができます。試験に合格すれば、柔道整復師として働くことができますし、また開業権も得られます。一方でいざ開業するとなっても、さまざまなハードルが待ち構えています。開業するための店舗探しや設備の導入、宣伝広告などで、健康保険請求を行うための手続きも必要です。もちろんこれらを行うためには、ノウハウはもちろん開業資金の調達なども必要です。これらを自力で行うのは難しいですから、開業するのであれば業界団体に加入してサポートを受けるのが無難です。柔道整復師を対象とした業界団体は全国に多数存在しており、選択肢は豊富ですが、その多くが開業前でも相談が可能で、また開業そのもののサポートを行っています。手順としては、事前のレクチャーのほか資金調達方法や開業場所のアドバイス、内装や必要な設備の準備、申請届出のサポートやスタッフ集め、また広告戦略などです。また健康保険を請求するために必要な作業もサポートしてくれるので、これらのノウハウがない、また知識として知っていても、実践するのには不安があるといった場合には適切なサポートを受けることでスムーズに開業まで進むことができます。